壁紙張替えでどれくらいかかるか

壁紙を変えるタイミングや業者の選び方

張替えの目安はどのくらい

個人差はありますが、壁紙の張替えは5~10年が目安で、だいたい平均で6~7年目にする方が多いですね。
その時期にはさすがに壁紙も劣化し、汚れも掃除したぐらいで取れなくなっていることが多いです。
なので、思い切って壁紙交換に踏み切る方が多いです。
中には壁紙の大掃除だと言う方もいらっしゃいます。

それ以外のタイミングとして多いのが、お部屋の模様替えや家具の買い替えなどといったお家の雰囲気を変えるための壁紙交換です。
ちょっと贅沢な模様替えですね。

もしくは、リフォームの工事の一環としてや売却に備えての交換も多々あります。
こうして見てみると、壁紙交換一つを取ってもその人それぞれの理由や事情があるのがわかりますね。

業者を選ぶ基準は

どんな工事のときもですが、業者さんを選ぶのに気を使いますよね。
これは壁紙交換に限らず、どの交渉事や契約にも言えることですが、まずは見積もりをしてもらうのがいいでしょう。
そして、見積もり内容を確認するのをお忘れなく。

だいたいの平均価格は1平米800~1000円ほどになるのが主流です。

なので、もし1平米1000円以上で見積もりが出されたら、要注意です。
その理由としては、ぼったくりの業者の可能性が高いからです。
かといって、800円を切る格安も気をつけてください。
手抜き工事をするいわゆる安かろう悪かろうな業者だと思われるからです。

いずれにせよ、見積もりをしていて気になることがあれば、積極的に質問をしていきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る